2011年06月17日

実は、私はAdobeを信頼していない

そうです、Adobeを信頼してはいけない。
かつて、PostScriptのPGを作っていて、あれはOKI電機のプリンター(PS level1対応)用のPGだったかな、それを作っていたときだね。
PostScriptは逆ポーランド記法という、いたって面妖な言語で、プリンターのインタープリターに食わせやすい書式で書かねばならなかったのだが、そのときのAdobeの対応はひどかった。ともにやっていこうという気風はまるでなし、商売人まるだしでしたなあ。
Adobeはいまや大企業、でも、私はこの企業と一緒にやっていこうという気はないなあ。FLASH、いいですねえ、でもHTML5で同じことが
できるやりかたを同時にさぐるよ。
posted by foosan at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月14日

OpenLaszlo

RIA/Ajaxの開発環境、OpenLaszloを使ってみた。
なんか、不思議な既視感があった。
かつてAppleのSE30でHyperCard+HyperTalkを使っていた時の感じに似ている。
うまく表現できないが、よく似ているなあ。
似ているのは、多分、言語設計の「志」みたいなんもんだけだろうけど。
ああ、ビル・アトキンソンはこれがしたかったんだなあ、という感じ。
OpenLaszloの開発者がだれか知らないけど、メンタリティが似ているんじゃないかという感じです。
この言語が、HyperTalkの轍を踏まないことを祈りたい。
posted by foosan at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記