2011年09月28日

地図と美術?

地図と美術が、何の関係があるの?といわれそう。
簡単です。
両者を結ぶ概念は「地政学」。
そのように、美術は伝播している。
「もの自体」を狭く解釈すると、何も見えないよ...ってこと。
posted by foosan at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月26日

Art Project 雑感 1

ここ何日か、Art Projectの各作品をキャプチャしてました。
17美術館、1060作品......疲れた....。
改めて、美術の世界が多様だと、実感。
ちら見しながら、作家はなんでこんな風に描いたんだろう?...などと改めて思う次第。
テーマ・構図・タッチ・企み....そういったものを、作品すべてが、問いかけてくる。
いや、別に作品「自体」がそういう意図を持っているわけではないのだけど、大量の作品を一気に観ると
そういう感慨を持ってしまう。

こういう体験は、美術館の常設展示や、他のコンセプト展示では感じられないものでした。

「一気観」は、デジタル体験ならではのもんかな?

いやしかし、Art Project.......もっと別の体験を内包しているかも。

考えてみませう。

ところで、Art Projectをダシに、「本物を観る」体験についてのお話をよく聞く。

私としては「本物を観る」体験と、「美術を観る」体験は、一致しないと考えている。

かつて小林秀雄が、近代絵画について書いていたなかで、ゴッホの”麦畑”だっけか、それを例にして、本物を観る体験がなくても、同じものを観ているというようなことをどこか書いていたような...。

(あ、でも青山二郎なら、何て言ったかな? 彼は天才だったから、言葉なんぞ無意味か?)


「体験」の持つ意味を再考してみるかな。
posted by foosan at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月17日

ガンバ新スタ

今朝の読売を見て、ビックリ。新スタができそう♪
しかも場所は、高槻じゃなくて、今のクラブハウスがあるあたり、なんのこたぁない、竹中のパースのまんまじゃねえか(^^)。
どうも吹田が要求水準をさげたみたいで、それをガンバがのんだと.......ふんふん。
まあ、どっちにしろ「聖地」が「万博」のままになるのは喜ばしいっす。
ここは、練習なんかを観に時々行くけど、結構遠い。案内には、「歩いて15分」みたいなこと書いてるけど、普通にこんなんじゃ無理!
20分から30分はかかる。千中や山田からシャトルバスが必要。
でも環境はいいよね。
サイトの「スタジアムを造ろう」で、SketchUp+GoogleEarthで、擬似体験をやってみようかな。
スタジアムの規模は、30000超だから、万博記念競技場の1.5倍のスケールでいけるか?

がんばってみるべ。
posted by foosan at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月16日

美術を「観る」感覚

美術作品を観る時に、ある種の快感があると前に書いたけど、
本を読んでも、同じものを感じることがある。
例えば、谷崎の「陰影礼賛」とか、赤江漠の初期の作品など....。

こういうのは、共有するのが難しいね。

でも、作品を「観る」醍醐味ではあるのだけど。
posted by foosan at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月15日

GoogleのArt Projectに驚いた

2011/02/01に発表があったプロジェクトで、その後、多くの人がこのプロジェクト(GAP)について意見や批判を寄せているので
ここでは、その内容や影響について触れない。
私も、存在は知っていたものの、その後さまざまな都合で、GAPを見る機会がなく、ようやく見ることができたのだが...。
びっくらこいた!が素直な意見。
もうかれこれ四半世紀くらい前にも、こういうプロジェクトがあったように記憶している(コービスだった?)。
美術作品をアーカイブすることがメインのプロジェクトだったような...?マイクロソフトもビル・ゲイツが同じようなことをしようとしていたっけか。
でも、どれも自然消滅のような形でなくなったね。多分、意欲を下支えする技術が追いついていなかったんだと思う。
で、GAPだが、当時の欲望がかなえられているんじゃない?
こういう形で観ることになるとは想像できんかったね。
そして何より驚いたのは、高精細な解像度の高さ、そして、いろいろな人が意見や批判を述べている中で、なかなか見つからなかったもの。
それは、この高精度な画像でテクスチャを観たときの「快感」。美術が好きなヤツが持つ独特の感覚、「観ることの快楽」が確かにあるように思う。

(京都の便利堂のコロタイプを越えると、ある意味スゴイんだけど)

まだの方は是非一度体験することをお奨めします。




Google Art Project
posted by foosan at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月01日

開発環境のクラウド?

それは、いかんやろう!、といわれそうだけど。
欲しいです。
どっかがやっているサービスで、VisualStudioの最新バージョンが使えるなら
利用料によっては契約してもいいかな、と思える。
Microsoft...高いだろう!
コンソールアプリ程度のものを1つ作りたいのに、高すぎだろが。

どっかやるだろうけど、ガンバレよ。
posted by foosan at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記