2012年04月07日

WisteriaHillの標高サイトの精度について

標高ってのは、結構、面倒。

当サイトで提供している情報は「ホンマかいな?」という問い合わせは結構あります。

だもんで、ポリシーはこんな感じ。

--------------------------------------------------------------------------------------

当サイトがご提供する情報はNASAとGoogle社の情報をベースにしています。
標高データはそれ以外に国土地理院が提供するものもありますが、どのデータも
「すべての値が正確である」ということはないようです。
標高データは「ポイント」のデータではなく「面データから補間した値を使った推測
値」です。
どの程度のサイズのメッシュを使っているかということと、データ補間をどのように
行っているかで
値の誤差が決まってきます。
またメッシュの境界上や、メッシュ内で特異点(急なでこぼこ)がある場合も実際と
違ってきます。

WisteriaHillでも、ある地点についてYahooなど他の情報提供サイトと比較してみま
したが、どのサイトも
異なる値を示し閉口しました。

結局、閲覧者や使用者の数が多い(=修正される可能性が高い)ということとグロー
バルな情報提供をしている
という点で、NASAとGoogle社の情報を使わせていただいています。

--------------------------------------------------------------------------------------

でも、やっぱり「日本の精度」があっていいんじゃないかとも思います。

というわけで、近々にスマホのGPSデータと国土地理院の「日本のジオイド2000」を使ったアンドロイドアプリ

をリリースしますです。

結構やっかいな部分もありますが、よろしくね。

posted by foosan at 23:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
オンラインで正確な標高を知ることができるのか探していたのですが、
面白いページを提供していただいてありがとうございます。

でも、せっかくの富士山も3776からだいぶずれるのですね。もちろん元データのせいなんでしょうが。
ちなみに国土地理院のサイトの地図で試したら3774までいけました。
Posted by 名乗るほどの者では... at 2013年06月13日 10:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54852246

この記事へのトラックバック