2012年06月03日

スマホのジェスチャ

アンドロイドでピンチイン・アウトを判定するロジックを組んでいて思った。

例えば、指2本で回転する動作を検出する方法を考えるとする。

回転...角度の問題と考えると、ドツボにはまる、と思う。

指2本で、どんな動きがあるかと考え、それらの差異は何かと考えた時、回転の問題は、交差判定の問題に

置き換え可能とすれば、スッキリ。

「複雑に見える問題は、より単純な問題に落とし込みながら考えましょう」って、学生時代に学んだよなあ。

で、この方法が有効なのは「より単純な問題」を理解していることが前提で...。

さもなければ、このやり方は「問題の置き換え」でなく「問題のすり替え」になって、結果がでません、注意してね。


ロジックは面白い。
posted by foosan at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56211059

この記事へのトラックバック