2012年04月26日

日本のマンガ

マンガ。

私が20代のころ、マンガが劇的に変わったね。

大友克洋が出てきたから。

このころ言われていたのは、世代だった。

日本のマンガは3世代目に入った、1世代目は「手塚治虫」、2世代目は「つげ義春」、そして3世代目が「大友克洋」。

4世代目は?

「さよならにっぽん」や「AKIRA」の次が、無いなあ。

マンガは思想なんだけど....。


posted by foosan at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

OpenCVでサッカー分析

まあ、OpenCVはいいんだけど。

問題はそこに突っ込むパラメータの数。

気象情報は結構重要。

湿度・温度・風向・風速・太陽の向き...。

こういうスポーツに必要なデータを情報としてほしい。

WorldWeatherOnlineなんかはスタジアム付近のこういうデータを提供している。

まあ重要なのはこういうデータをどう使うかだけど。

これを有効に使えば、結構いい感じのサイトやアプリを作れるね。

解説者頼りではなく、観戦しながら次の局面を判断できるオーディエンスだ。

でも、まずは情報の精度をみよう。


posted by foosan at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月20日

忘れているかも..で、追加

言語は、なにも書かれたものだけではないわ、なあ。

身体表現の言語も大事。

バレーとか演劇とか..。

ただし、文法にならない「稚拙なやつ」は除外、「思いつき」でやるようなやつだね。

アドリブは面白いけど、面白いだけだし。

言語にはならんね。

必要なのは「言語」、で、身体表現を探してみよう。
posted by foosan at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月19日

最近イラっときた

ガンバのサッカー。

分析ってやつをやってるのか?いろいろな局面で「そら、ちゃうやろ」っていうプレイが多い。

特にセットプレイ、ミスマッチが多すぎないか?対面を間違えていませんか?

川崎戦の藤春は多分別の選手に気が行ってたようで、最後のほうの小松に阿部はないだろう。

ゲーム分析が甘すぎだろう。「多分こう...」ではいかんで。

ディフェンス時のポジションを正しくしないと、今後もセットプレイの失点はなくならない。

必要なのは、「分析の方法論」...ガンバにはこれが大事。

西野さんが「ディフェンスの仕方がわからない」といったのは、ラインコントロールでだいたいいけたから。

ラインが崩れたら、当時でも平気で失点してましたがな。今必要なのは、正確な分析をベース
にした、正しいポジション。

今野はもっとあがらな、あがったら後ろに明神が来てくれることを信頼せな。
posted by foosan at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月12日

絵画って

芸術が難しくなってるなあ。まあ、いいけど。

私は最近、その手の話に興味がなくなっている。

むしろ、美術って何か?興味がわいている。というか、美術の解析だね。

この喜びを与えてくれる張本人はだれだ?って感じ。神か?

ではなく、もっと高次元の解析が必要な気がする。

N次元で美術を解析したい!

なんで??

検索したいからです。世界中にある作品を全部観たい、しかも「私の好み」で。

私の「好みの次元」は多いのですよ。

そのためには、美術の専用検索エンジンが必要だろう...って気がする。

検索用の次元を多数持っているエンジンが...欲しいっす。
posted by foosan at 03:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月10日

ガンバのサッカーが不調だ!

ちょっと変!

何が悪い?

見てて簡単。

相手のラインの中に入っていけてない。

むしろ、相手がガンバのラインの中でボール回しをしている。

オフェンスとディフェンスのラインコントロールができていないのは
コーチングがないからだろう。

サッカーがどんなスポーツなのか、イメージを再共有しなきゃ、ボールをゴールへ運べない!

必要なのは、距離感だけどそのために必要なのは、相手ゾーンの中で自分たちのゾーン
を作って、その中でボールを運ぶこと。

フリューゲルスのような戦術を再考してもいんじゃない?

素弘でもやかったんじゃない?

posted by foosan at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月07日

WisteriaHillの標高サイトの精度について

標高ってのは、結構、面倒。

当サイトで提供している情報は「ホンマかいな?」という問い合わせは結構あります。

だもんで、ポリシーはこんな感じ。

--------------------------------------------------------------------------------------

当サイトがご提供する情報はNASAとGoogle社の情報をベースにしています。
標高データはそれ以外に国土地理院が提供するものもありますが、どのデータも
「すべての値が正確である」ということはないようです。
標高データは「ポイント」のデータではなく「面データから補間した値を使った推測
値」です。
どの程度のサイズのメッシュを使っているかということと、データ補間をどのように
行っているかで
値の誤差が決まってきます。
またメッシュの境界上や、メッシュ内で特異点(急なでこぼこ)がある場合も実際と
違ってきます。

WisteriaHillでも、ある地点についてYahooなど他の情報提供サイトと比較してみま
したが、どのサイトも
異なる値を示し閉口しました。

結局、閲覧者や使用者の数が多い(=修正される可能性が高い)ということとグロー
バルな情報提供をしている
という点で、NASAとGoogle社の情報を使わせていただいています。

--------------------------------------------------------------------------------------

でも、やっぱり「日本の精度」があっていいんじゃないかとも思います。

というわけで、近々にスマホのGPSデータと国土地理院の「日本のジオイド2000」を使ったアンドロイドアプリ

をリリースしますです。

結構やっかいな部分もありますが、よろしくね。

posted by foosan at 23:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

なでしこのサッカーがいいね!

「なでしこ」のサッカーがよかった
基本的によかった。
サッカーってのは、最終的にゴールにボールを運ぶスポーツ。
「なでしこ」は、逆算してプレイができていたように思う。
相手がある中での「逆算」は困難だけど、よくできていた。

宮間が活躍していたけど、彼女がいいのはポジショニングで、
逆算ができる選手。

自分がボールを出したときに、そのボールの最終の行方をイメージ
できているんじゃないか?

勘のいいプレーヤー、かつてガンバにいた大黒を連想した。
 
posted by foosan at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月05日

メールアドレスをHPに置いていると...

来るわ来るわ!って感じでメールが着ます。

どれもこれも「アホ・バカメール」。

こんなんで回線が塞がれてるんかいな。

かつてはDMで郵便配達さんに迷惑かかってましたが。

「ええかげんにせんか、どアホ!!」です。

あ、でもキャリアは儲かるからええんか?

でも、迷惑には違いないやろ。

posted by foosan at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月04日

応力計算

基本的には、応力計算は、有限要素法が多分ベースだろうね(相変わらず)。

簡易計算のページが必要かも...と、つらつら思う。

その辺の建築屋やゼネコンに「どやねん」といえるようなやつ(^^)。

いいなりになるなや..って感じ。
posted by foosan at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記